方法

太陽礼拝をする方法

太陽礼拝をする方法

Samasthiti-太陽礼拝の最初のポーズ。マットの上で一緒に足から始めます。背が高く立って、息に気づき始めます。

吸い込んで、頭の上のまっすぐな腕に手を伸ばします。少し後ろに寄りかかって、腰のストレッチを感じます。

前方の折り目に息を吐きます。可能であれば、胴体を腰に傾けて手で地面に着きます。写真のように、脚が真っ直ぐでなくても、肋骨は太ももに対して折りたたまれます。

息を吐き、ステップするか、チャトゥランガに戻ります(腕立て伏せが少ない)。肘は側面に押し込まれ、上腕三頭筋が地面に下がるときに体を支えているのを感じます。

アップドッグに吸い込みます。長くなった脚と腕が床に押し込まれ、上半身が持ち上げられます。ドリシュティ(視線)は上向きで、首を伸ばしています。

ダウンドッグに息を吐きます。足のヒップ距離、かかとが沈み、ヒップが上がります。手が床に押し込まれ、腕が伸びて腕を通る直線が作成され、背中が長くなります。

ダウンドッグは、シリーズの最初の太陽礼拝の最後のポーズです。ここに5回息を止めてください。


ビデオを見る: プロバレエダンサーと一緒に寝る前の太陽礼拝一日の終わりに心と体のアフターケア (1月 2022).